安土城への旅行

全国城めぐり 宮城県 仙台城

このサイトでは、歴史的な役割に注目して全国のお城を紹介します



宮城県 仙台城

仙台城(せんだいじょう)は、宮城県仙台市にありました。
現在の城跡は平山城ですが、当初は山城でした。
一般的には青葉城と呼ばれています。
2003年(平成15年)8月27日、国の史跡に指定されました。

宮城県仙台市青葉城 慶長5年(1601年)に伊達政宗が築造しました。
この地には、それ以前から城がありました。
鎌倉時代末期に島津陸奥守(薩摩の島津氏とは無関係?)が居城としていたと史書に記録されています。

伊達政宗はゼロから縄張りをして、青葉山に山城を造った様です。
城は本丸と西の丸から成り、天守はありませんでした。
この様な山城は、当時としては時代遅れでしたが、結果としては非常に堅固な城でした。

実は「天守を造らない」というのは、家康が築城を許可する条件だったという説もあります。
正宗はそのかわりに桃山文化の粋を集めた豪華な大広間を持つ建物を造っています。
この大広間は430畳もあったそうです。

その後戦争がなくなると、藩主の居る城には政治的な機能も必要になり、平坦な場所に二の丸を造営しました。
寛永15年(1638年)のことです。
その後、明治に至るまでこの城は一度も攻撃を受けませんでした。

明治から大正にかけて多くの建造物を失っています。
残った門や櫓も第二次世界大戦で焼失しています。

旧二の丸は現在は東北大学の敷地となっています。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 城と城跡. All Rights Reserved.