安土城への旅行

全国城めぐり 大阪府 大阪城

このサイトでは、歴史的な役割に注目して全国のお城を紹介します



大阪府 大阪

大阪府大阪城への旅 大阪城は、豊臣政権の本城でした
大坂夏の陣で焼失した後再建されて、徳川幕府の西日本の拠点となりました
名古屋城、熊本城と共に日本三名城の一つです


戦国時代に石山本願寺があった場所に、豊臣秀吉が1583年に築城しました
石山本願寺は現在の寺のイメージではなくて武装集団が集まっていた要塞でした
織田信長は、石山本願寺を攻めましたが結局落城させることが出来ず、守りに強い立地条件に注目していたと思われます
信長亡き後に秀吉が遺志を継いだのか、秀吉独自の発想で築城したのか、確認するすべは今のところありません


豊臣時代の大阪城本丸は、石山本願寺跡の台地端を造成して造られ、防衛機能が強固でした
天守は外観5層で瓦などに金箔をふんだんに用いた華美なものだった様です
その後、二の丸・三の丸・総構えが建設されて、堅固な大坂城が完成しました


秀吉の子の秀頼が居城としていましたが、1614年の大阪冬の陣及び翌年の夏の陣で落城した時に、焼失しました


豊臣家が滅んだ後、徳川家によって再建工事が行われ、1629年に徳川幕府によって新しい城として造られました
しかし、その大阪城は豊臣時代の城の焼け跡の上に土を盛り、全く新しい構想で造り直した為に、豊臣秀吉の造った大阪城は土の下に埋もれることになってしまいました
やはり大阪城と言えば豊臣秀吉であり、当時の姿を再現してほしいと思います


その後、火災や落雷により徳川家の天守閣も消失し、1931年に鉄筋コンクリートの天守閣を復興しました
しかしその姿は豊臣時代の天守閣を必ずしも再現していません
徳川時代と豊臣時代を混ぜ合わせたような天守になっています
現在の天守の5層目が豊臣時代の雰囲気を残しています


サイトMENU

Copyright (C) 2007 城と城跡. All Rights Reserved.