安土城への旅行

全国城めぐり 岡山県 備中松山城

このサイトでは、歴史的な役割に注目して全国のお城を紹介します


岡山県 備中松山城


岡山県備中松山城 備中松山城は全国で最も高いところにあり、現在でも臥牛山上に天守閣が現存しています
山城として唯一天守が現存しているのが備中松山城です

戦国を生き抜いた城として有名です
ここを制するものは備中を制するといわれた場所、山陰と山陽を結ぶ関門にあります

ここに最初に城を築いたのは、鎌倉時代の1240(仁治元)年で、秋葉重信が築城しました
その後、尼子氏・毛利氏・宇喜田氏が城を所有していきます
毛利輝元は兵糧攻めで備中松山城を落として、備中全土を手中にしました

伯備線の備中高梁駅の近くにあり、城の近くを高梁川が流れています
高梁川は、あの有名な山中鹿之助が最期を遂げた場所でもあります

秀吉が中国地方を攻めた時に、毛利氏は備中松山城を手放して、それ以降荒れ放題という時期もありました

関が原の合戦後には、小堀氏が城に入り、本格的に整備しています

備中松山城は標高430mの山頂にあり、非常に守りの堅い山城です
山の尾根にそって、大手門・三の丸・二の丸・本丸と続いていて、二重櫓(重要文化財)が現存しています

天守は、二層二重で、小ぶりなつくりですが、威厳と風格が漂います
入母屋屋根で、白壁と黒い腰板の組み合わせが美しい天守で、重要文化財となっています
天守の1階にいろりがあり、ろう城に備えていたと言われています
天守からは城下が見渡せ、敵の侵入をいち早く発見できる様になっています
また城下町には寺が多く、その寺は防御を固めていて、戦いの時には出城の役割を果たす様に造られていました


サイトMENU

Copyright (C) 2007 城と城跡. All Rights Reserved.