安土城への旅行

城の構造物

日本の城独特の特色を構成する様々な城の構成物です

石垣

今でも、城や城跡を訪ねると、石垣が目に入ります
大きな城ほど多くの石垣を使っていた事が感じ取れます


そもそも安土城以前の戦国の城は、堀を掘って、その土を高く積んで壁を作っていました
堀に水を張れば、敵は簡単には城を攻める事が出来ません


しかし、土塁を高くすれば崩れやすくなるので、石垣で固めれば丈夫になります
日本には、昔からあまり多くの石が取れるわけではなかったので、石垣用の石は貴重でした
ですから、立派な石垣を持った城は、城主の力を見せつけるという意味にもなります


初めの頃の城の石垣は「野面積み」という方法で作っていました
これは、自然の石を積み上げる方法です
石をあまり加工しないで使うので、手間は省けますが、石と石の間にすきまが出来てしまいます


城跡の石垣 次に「打ち込みハギ」という方法があります
これは、石の角を削って隙間が少なくなるようにして積み上げたものです
さらに石全体を四角く削って整然と積み上げて隙間のほとんどないものを「切り込みハギ」と言います


こういう整然とした石垣を積み上げていくには、かなり高度な技術が必要です
こういう技術を持った集団に穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれた専門家がいました
この様な技術者を雇う事が出来るのも、権力のある城主という事が出来ます


隙間のない石垣は、敵が攻めてきた時に簡単に登れません
さらに、石垣の勾配を工夫して、下が緩やかで上に行くほど勾配がきつくなる様に積み上げ、最上段は垂直にします
この様な勾配の事を「扇の勾配」と呼びます


今後、城や城跡を訪れた時には、石垣にも注目して見てください
あたらしい発見があるかもしれません


サイトMENU

Copyright (C) 2007 城と城跡. All Rights Reserved.